「令和の里」名月照らす 太宰府天満宮

西日本新聞

 中秋の名月(旧暦8月15日)に当たる13日夜、九州北部地方では、「お月見日和」の空が広がった。

 新元号「令和」ゆかりの地、福岡県太宰府市にある太宰府天満宮では、夜空に浮かぶ月を眺める人の姿が見られた。

 国立天文台(東京都)によると、14日は月が地球から遠く離れるため、今年の満月の中では最も小さく見えるという。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ