『検診で見つかるがんの8割は良性がんである』 渡辺泱 著 (晶文社・1782円)

西日本新聞 くらし面

 がんの過剰診断問題について、前立腺検診の先駆者が解説する。著者は検診で発見されるがんの8割は治療が不要な良性だとする。必要のない治療をしないよう、病気のがんと、自然消滅する病気ではないがんとを慎重に観察する「意図的監視」を提案するとともに、最新のがん予防策を紹介する。

PR

PR

注目のテーマ