【福岡コンフィデンシャル】武田氏入閣の衝撃 反目の自民県連、警戒 内閣改造

西日本新聞 一面

 11日に発足した第4次安倍再改造内閣の入閣情報が駆け巡った10日夜の東京・赤坂。国家公安委員長の内定を得ていた武田良太(衆院福岡11区)は、祝宴の席で上機嫌でうそぶいた。「地元の(自民党)県議団が相当びびっとるらしいな」

 国家公安委員長は警察行政をつかさどり、情報を掌握するポスト。武田は「俺が国家公安委員長、これは大きいよ」と十数回繰り返したという。

 首相安倍晋三の盟友で、政権の屋台骨を支えてきた副総理兼財務相の麻生太郎(同8区)と、地元・福岡を舞台に対立を繰り返してきた武田。ここ数年は、麻生と歩調を合わせる県議団主導の県連執行部とも反目し合ってきた。武田が麻生と同じ内閣に顔を並べることは、派閥として武田を閣僚に推した二階派幹部でさえ難しいと踏んでいた。

 福岡県政界にとっても、武田の初入閣は想像もしなかったサプライズ。自民県連幹部は「何か仕掛けてくるかもしれない。傾向と対策を考えないと」。自民重鎮も「武田の時代が来るだろう」と警戒する。

   ◇    ◇

 同じ筑豊地区を地盤とし、親子ほどの年齢差の2人には浅からぬ因縁がある。

 2007年党総裁選で武田は麻生の推薦人に名を連ねたが、次の総裁選では推薦人から離脱。武田が県連会長になると党公認候補の選出を巡ってことごとく対立する。12年衆院選では、福岡1区で県連が公認申請した候補とは別の候補を麻生がねじ込み、勝利。16年衆院福岡6区補選では、麻生が選対本部長を務めた県連推薦候補を、武田が支援した鳩山二郎が破った。

 今年4月の福岡県知事選は、麻生が擁立した自民党推薦候補と、武田が推す現職小川洋とが「代理戦争」を展開。武田は麻生に向け「あんたが代われよ」と言い放つなど対抗心を隠さなかった。結果は約95万票の大差で小川が勝利した。

 麻生と武田は選挙のたびに周囲を巻き込んだ「覇権争い」を繰り返し、亀裂を深めてきた。

   ◇    ◇

 9日午前の首相官邸。「武田を入閣させて、麻生さんは大丈夫ですか」。そう尋ねる二階派幹部に、安倍は「それは関係ありませんから」と地方でのいさかいを持ち込まない考えを示した。安倍の判断を聞いた麻生は周囲に「仕方ないな。(兼務する)防災担当相として汗をかけばいい」と漏らした。

 武田の入閣を受け入れた麻生。2人の関係は改善に向かうのか-。

 知事選前後、武田は「麻生と話がしたい」と二階派幹部を通じて麻生に働き掛けている。だが麻生はかたくなに拒否。二階派幹部が将来的な派閥連携を見据えて議員リストを持っていった際には、武田の名前を見つけた麻生が、指ではねのけるしぐさをしたという。

 ある自民県議は「麻生が武田と手を組むことはあり得ない。それができれば麻生にこんなに多くの敵はいない」。別の県議は「あえて武田を閣内に入れることで自由な動きや発言を封じ、つぶそうとしているのかも」といぶかる。

 2人が同時に閣内にいることで、県議団も含めたパワーバランスがどう変化するのかは、まだ見えない。

 13日夜、福岡市内のホテルで開かれた自民福岡県連会長、原口剣生の就任祝賀パーティー。マイクを握った関係者らは、出席した麻生の再入閣や参院政審会長に就いた松山政司への祝意も表した一方で、そこにいなかった武田の入閣には誰ひとり触れることはなかった。 (敬称略)

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ