早起きして朝刊を読む時に心掛けていることがある

西日本新聞 社会面 田代 謙一

 早起きして朝刊を読む時に心掛けていることがある。紙面を飾る見出しをノートに書き写すことだ。各紙面の大見出しに加え、主な記事の見出しを、見開きのページに順に書き込んでいく。手を動かしながらの作業なので、ぼんやりした頭にも内容がすーっと入ってきて、記事の理解の助けにもなる。他紙の見出しも一緒に書いて比べる。そして、自分ならどんな見出しを付けるかも考えてみる。

 夕刊の紙面編集を担当する私にとって、朝刊各紙の扱いを理解するのは必須のウオーミングアップ。仕事中はノートを手元に置き、紙面構成を考える。手書きは「古くさい」と思われるかもしれないが、どの面にどんな記事が載っていたかを思い出しやすい。

 頭の体操もいろいろあるけれど、こんな「見出し脳トレ」を試してみてはいかがか。完成したノートを眺めると世の中が見えてくる。何より気持ちよく一日をスタートできる効果がある。 (田代謙一)

PR

PR

注目のテーマ