クロアゲハ 「赤い角」を隠す幼虫

西日本新聞 こども面

 黒い揚羽蝶なのでクロアゲハという名前が付けられています。本州から南の方に棲んでいて、春4月ごろから夏の8月くらいまでにその姿を見ることができる、となっていますが、最近の地球温暖化の影響で、もしかしたらもっとずっと北の地方でも見られるようになっているかも知れません。

 幼虫はミカンやカラタチなどの柑橘類の葉を食べて育ちます。からだの色は緑色で、それだけでも葉の色に紛れて目立ちにくく、食べに来る鳥などの敵から身を守ることができますが、それでも見つかってからだをつつかれたりすると、突然頭の上から赤い色の角状のものを突き出し、同時に独特の強いいやな臭いを出して撃退します。

PR

PR

注目のテーマ