PTAを考える(2) PTAフォーラム詳報<下>しがらみ 「私物化」疑う実情報告 (2ページ目)

役員くじ引き どう回避

 新年度最初の保護者会で行われる役員決め。誰かが名乗り出るまで終わらず、気まずい空気が漂う。どうしても決まらなければくじ引きしかない-。大半の親が経験する、PTAに対して負の感情を抱く光景だ。

 どうやってくじ引きを回避するか。各地で役員として活動してきた参加者が知恵を絞った実例を紹介し合った。「悲しい思いをする保護者をなくしたいという思いで、くじをなくすために役員を一人ずつ説得して回った」「イベントごとの委員をなくし、メールでその都度メンバーを集めている。まとめ役をやりたい人は結構おり、人は集まる」

 一方、PTA活動に関わらない保護者が活動のメリットを享受することを「不公平」と感じる役員はなお多い。改革に取り組んできたある関東のPTA会長は「これまではスムーズに決まっていたのに、くじ引きをした方がいいという声が上がるようになった」と苦悩をにじませた。

 役員の引き受け手に苦労する中、負担軽減に乗り出す動きは全国で進む。ただ、その障壁の一つに地域との関わりが挙げられた。「地域行事の手伝いを削ろうとしたがなかなか難しい。自治会や子ども会の加入率も低く、下部組織のように扱われている」と関西の小学校PTA会長。登校時の見守りなどを既に地域が担っているケースもあり、距離感をつかみかねている声は複数あった。

 一つのグループは、さまざまな課題が山積するPTAについて必要性を突き詰めて考えた。「子どものことを考えるために何らかの組織は絶対必要。ただ、今までの活動は見直すべきだ」「都市部と地方では意識の違いが歴然としてあり、地方の改革は進んでいない。各PTA単位の改革も大切だが、トップダウンで変えていくことも必要だ」

 1人で悩むより思いを共有する仲間と語り合おう。PTA改革にそんな気持ちを抱く有志たちの模索は続いている。(前田英男、金沢皓介、坂本信博)

関連記事

PR

PR