70代、幸せ探す婚活 人生ときめきたい ワタシペディア「私」事典~「老春」グラフィティ(2)

西日本新聞

 婚活を始めて、6回目の秋が来る。結婚相談所を通じて、女性にお見合いを申し込むこと15回以上。ほとんどは、会うことすらできない“門前払い”だった。よく独りランチに来るファミリーレストランで、光枝藤夫さん(72)=熊本県、仮名=はため息をついた。

 1年前、お見合いをしてくれる女性が現れた。50代、離婚歴あり、子ども1人。カメラという共通の趣味があった。「きっと息の合うばい」。期待に胸を膨らませ、相談所の事務所で初対面。風景や女性モデルを撮ってきた経験をアピールした。「写真ば一緒に撮りに行ってよかよ」。デートに誘ったが反応が薄い。会話は10分で途絶えた。「次、いつ会うかね?」と尋ねてみると「あんたとはもう会わん」とひと言。明確な理由は分からないままだ。

 門前払いが続く理由は、見当が付いている。上等なシャツを着て、写真館で撮った笑顔の勝負写真だが、157センチ、80キロ。医者から節制を求められる体形だ。「よか顔しとっとも思わん。見た目は50点くらい」と自己分析する。ただ「会ってみんと分からんことってある。おいも50点しか求めんし、バツイチでん、バツニでんよかとに」。ぜいたくを言うつもりはない。

 23年前、30代だった妻を乳がんで亡くした。15年間の結婚生活、子どもには恵まれなかった。鉄工所に63歳まで勤め、3年前には100歳目前の母を見送った。今も妻と暮らした市営住宅に住む。朝、菓子パンを食べてテレビの時代劇を見て、昼食はうどん店やファミレスでワンコイン。また時代劇を見て、夜はスーパーの弁当、風呂に入って寝る毎日。年金は月に10万円足らず。携帯電話は持たず、誰かと話すのはスーパーのレジで店員とひと言、二言だけという日もざらだ。「子どもがおったら、婚活せんでよかったかもしれんなあ」

 独りが当たり前、孤独には慣れた。でも、門前払い続きではさすがに心が折れそうだ。「身の回りの世話をしてくれて、遊んでさらかん(遊び歩かない)、無駄遣いせん人がよかな。きれいに越したことはなかばってん」。まだ、希望は捨てていない。
 

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ