石木ダムは「心の問題」か 北村地方創生相の発言を考える

 北村誠吾地方創生担当相が佐世保市で14日に行った記者会見で、県と佐世保市が進める石木ダム事業について「誰かが犠牲になることも必要」と話し、議論を呼んでいる。発言から、石木ダム問題に対する北村氏の向き合い方が垣間見えた。

 新閣僚としての抱負を聞く会見だったが、あえて石木ダム問題を質問した。北村氏はしばらく沈黙し、記者の目を見据えた。「大臣としては直接の所管ではない。北村誠吾が『どう思うか』と聞いたんだな」と口を開き、地元政治家として語り始めた。

 北村氏は予定地を川棚町と言わず「川原(こうばる)」と集落名で呼んだ。現地へ何度も足を運び、建設に反対する住民の暮らしを追ったドキュメンタリー映画「ほたるの川のまもりびと」を見て「共感もした」と述べた。

 関心の高さは事前に感じていた。厳しい論調で書かれた石木ダムの記事が載ったとき「お叱りの電話をいただいた」と佐世保市職員に聞いたことがある。

 会見では、多くの言葉を石木ダム問題に費やす中で「犠牲発言」が出た。

 「農村の原風景というもので大事だろうけど、しかし、世の中でみんなが本当に困らないようにして生活していくためには、誰かが犠牲、誰かが協力、そして誰かが理解をして、みんなのために、自分たち以外の人のために役に立つことをしようじゃないか。世の中はいろんな人たちの積極的なボランティア精神で成り立っているのだから」

 日々の取材で感じることだが、石木ダムに関して政治家や行政職員ははっきりとものを言わない。北村氏の発言は初めて触れた政治家の本音かもしれない。

 北村氏はさらに、現地の住民を念頭に「心の問題」と持論を展開して「犠牲の尊さ」を説いた。

 果たしてそうだろうか。石木ダムは「心の問題」とは思えない。住民は今暮らしている場所が強制的に奪われるかどうかの瀬戸際に立つ。その実感があるのかどうか。他の為政者の本音も聞きたい。(竹中謙輔)

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR