熱と匂いに魅せられて 踊り子追い掛ける ワタシペディア「私」事典~「老春」グラフィティ(4)

西日本新聞

 年に100日は足を運ぶ場所がある。ストリップ劇場だ。早崎弘さん(65)=東京=はひいきの踊り子を追い掛けて、「A級小倉劇場」(北九州市)に月イチペースで遠征してくる。本格的にストリップにはまった2005年以降、国内外の劇場行脚に「2千万円」ものお金をつぎ込んできた。

 昭和40年代に全盛期を迎え、今や全国で約20カ所となったストリップ劇場。九州最後のとりではJR小倉駅の目と鼻の先にある。

 開演は午後1時。1日4回公演で高齢者や女性には割引もある。「午前0時ぐらいまで通しでいられるし、高齢者に優しい場所です」。踊り子のポスターがびっしり張られた階段を上って客席へ。本舞台から延びる花道と「盆」と呼ばれる回転舞台。踊り子5人が順番に登場し、独自の世界観を美しく表現する。10日ごとに各地の劇場を回る踊り子。早崎さんはこの世界に「いつもいる顔」だ。「きょうの5人も私を知らない人はいないでしょうね」

 盆の上で見つめてくる踊り子との距離は1メートル足らず。肌に浮かぶ汗も息遣いも感じられるが、決して触れてはならない。踊り子は「近く、でも絶望的に遠い」。でもひとたび舞台を終えれば、千円で一緒に「ポラロイド写真」が撮れて、会話もできる。昭和な「エロ」のイメージが強いストリップもアイドル化が進んだ。ポラの売り上げは「人気投票」。移り変わりの激しい世界を生き抜いてほしい“推し”の踊り子には、差し入れを手に列に並ぶ。

 

 


 

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ