米国で4回目の「原爆展」 10月7日から大村の清野さんが体験講話 長崎原爆死没者追悼平和祈念館

西日本新聞 長崎・佐世保版 華山 哲幸

 長崎市の国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館は、米フロリダ州オーランドで10月7日~11月2日、原爆投下による広島、長崎両市の惨状を世界に発信する「ヒロシマ・ナガサキ原爆展」を開く。原爆を投下した米国での開催は4回目。大学キャンパスや図書館で、被爆直後の街の様子などを捉えた写真パネルを展示するほか、被爆者の清野定広さん(82)=大村市=が体験講話を計4回行う。

 8歳で入市被爆した清野さん。爆心地近くにいた20歳の姉は原爆症を発症し、被爆から約1カ月後に亡くなった。20年ほど前、その姉の日記が見つかった。好意を寄せていた男性、敵国に対する感情…。さまざまな思いがつづられていた。

 今月3日、長崎市の田上富久市長と面会後に記者会見した清野さんは「私が見たありのままの事実を伝えたい。核兵器がもたらした惨状を感じ取ってほしい」と語った。

 海外での原爆展は被爆60年に当たる2005年から毎年開催。海外では「生存者」と表現される被爆者。生身で受けた体験を、海外の若い世代に聞いてもらうことには大きな意味がある。これまでロシアやドイツ、スペインなど13カ国20都市で行い、計11万1650人が来場した。

 今回の会場にはパネル約30点、英訳した被爆者の体験記を展示。元長崎大学長で、原爆で親族を失いながら医学生として救護に当たった土山秀夫さん(17年死去)らの証言映像も上映する。 (華山哲幸)

長崎県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ