人を運ぶドローン 21日、日本初公開 福岡市のイベント

西日本新聞 黒石 規之

日本で初公開されるイーハン社の人を運ぶドローン=20日午前、福岡市役所 拡大

日本で初公開されるイーハン社の人を運ぶドローン=20日午前、福岡市役所

 世界で注目を集めている中国・広州市のイーハン社が製造販売する「人を運ぶドローン」が21日、福岡市役所前広場であるイベント「ザ・クリエイターズ」の目玉として日本で初公開される。

 ドローンは2人乗りで、全長5・61メートル、高さ1・76メートル。電動のプロペラが16個あり、搭乗者は離陸ボタンを押すだけで事前に設定したルートで目的地まで移動できる。時速は最高160キロ。高度500~800メートルでの飛行を想定する。1回の充電で20~30キロの距離を運航できるという。

 都市交通や遊覧、物流、医療での活用を目指し、中国やオランダなどで2千時間を超える飛行試験を実施。今年から30万ドル(約3200万円)で販売を始めており、千機以上受注しているという。21日は展示だけで、同社幹部は「日本でも規制緩和を活用して実用化したい」と話した。

 ザ・クリエイターズは最先端技術などを紹介する催しで入場無料。正午から午後9時まで。22日も開催予定だったが台風の影響で中止になった。(黒石規之)

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ