北九州で施設休園やイベント中止 台風17号22日夜最接近

西日本新聞 北九州版 浜口 妙華

 大型で強い台風17号は、22日夜に北九州地区に最接近する。このため一部の施設は21日、翌日の休園を発表、イベントも中止表明が相次いだ。福岡管区気象台によると、北九州地区は22日午後6時ごろから暴風域に入り、深夜にかけて再接近する恐れがある。千葉県では台風15号の大規模な被害が長期化しており、九州でも大雨や暴風などへの警戒を呼び掛けている。

 皿倉登山鉄道(八幡東区)は21日午後5時から22日は終日、ケーブルカーとスロープカーの運行を休止する。北九州空港では22日、フジドリームエアラインズ(FDA)の静岡便が欠航。北九州市営渡船小倉航路は、小倉北区の藍島と同区浅野を結ぶ便の欠航を決めたほか、北九州市と四国、関西などを結ぶフェリーも欠航する。

 自然公園・平尾台自然の郷(小倉南区)と山田緑地(小倉北区)、響灘緑地グリーンパーク(若松区)は臨時休園。市ほたる館(小倉北区)と香月・黒川ほたる館(八幡西区)、河内サイクリングセンター(八幡東区)も臨時休館する。

 ボートレース若松(若松区)で開催予定だったキッズチャレンジコンペ2019は延期になった。 (浜口妙華)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ