線路への車転落で非常ボタン 2高校生に感謝状

西日本新聞 ふくおか都市圏版 床波 昌雄

 宗像署とJR九州は、JR鹿児島線東福間駅(福津市)構内の線路に軽乗用車が転落した事故で、列車の非常停止ボタンを押すなどし衝突を防いだとして、光陵高1年の小島春花さん(15)と荒牧颯太さん(16)に感謝状を贈った。

 署などによると、事故は6日午後2時半ごろ発生。小島さんは駅員の指示に沿ってホームの非常停止ボタンを押し、駅に近づいていた特急列車を約200メートル手前で止めた。荒牧さんは車両の転落を目撃し、運転の男性がけがをしているのを見て、すぐに119番通報した。

 19日に宗像署であった贈呈式で、2人は楠本一成署長とJR九州の上符友則執行役員から感謝状を受け取った。小島さんは「多くの人が助かってよかった」、荒牧さんは「車に乗っていた人も助かったと聞いてホッとしている」と話した。 (床波昌雄)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ