佐賀県とアニメ新たにコラボ TV放送中「ヴィンランド・サガ」

西日本新聞 佐賀版 北島 剛

 人気アニメと県のコラボがまた実現した-。県は、人気アニメ「ヴィンランド・サガ」とのコラボレーション企画「ヴィンランド・佐賀」を始める。登場人物が佐賀弁で語る動画やオリジナルのイラストをウェブ上で公開している。メイン企画として東京・秋葉原で10月3~18日、「ヴィンランドをサガせ! 大航海謎解きスタンプラリー」を開く。 

 ヴィンランド・サガは、北ヨーロッパを舞台に、バイキング最強とうたわれた戦士の息子トルフィンが、幻の大地ヴィンランドを目指す物語。幸村誠さん原作の単行本(22巻)は累計550万部を超える。アニメは7月からNHKで放送中だ。物語を意味する言葉「サガ」と「佐賀」が重なることなどから、コラボが実現した。

 公式ホームページで公開した動画では、主人公の父トールズが嬉野温泉や唐津くんちなどを佐賀弁で紹介している。オリジナルイラストは、トルフィンが剣の代わりに有明海のワラスボと完全養殖マサバ「唐津Qサバ」を持つなど、キャラクターと県内の名産品が一緒に描かれている。

 スタンプラリーは、秋葉原周辺約50店舗で、佐賀にまつわる謎解きをしてスタンプを集めると、抽選でプレゼントがもらえる。期間中は旗艦店を設け、アニメのオリジナルグッズや県産品を販売する。

 このほか会員制交流サイト(SNS)を使い、キャラクター投票や佐賀の魅力を投稿すると抽選でプレゼントがもらえるキャンペーンも実施している。

 企画は、企業やブランドとのコラボで佐賀の魅力を情報発信する県の地方創生プロジェクト「サガプライズ!」の一環。県はこれまでも「おそ松さん」や「銀魂」などのアニメとコラボしてきた。県の担当者は「作品を楽しんでもらいながら、多くの人に佐賀の良さを知ってもらいたい」と話している。(北島剛)

佐賀県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ