第29期女流王位戦五番勝負

里見香奈女流王位 対 渡部愛女流二段

中継サイトはこちら

特設ページはこちら

第3局 5月30日(水)福岡県飯塚市「旧伊藤伝右衛門邸」

王位戦第7局 最終局は角換わりに

西日本新聞

 将棋の豊島将之王位(29)=名人=に木村一基九段(46)が挑戦する第60期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第7局が25日午前9時、東京都千代田区の都市センターホテルで始まった。

 豊島の2連勝で始まった今シリーズは、木村が2連勝を返して追い付いた後、豊島、木村の順に勝って、両者3勝3敗で最終決戦を迎えた。豊島は勝てば初防衛。木村は勝てば初タイトル獲得の最年長記録を更新する。

 再び行われた振り駒で豊島が先手となり、立会人の塚田泰明九段の合図で初手を「2六歩」と指した。

 第5局と同じく角換わり腰掛け銀の戦型に。8八玉(41手目)と先手玉が入城したのを見て、木村は6五歩(42手目)と仕掛けた。今月5日に両者が指した竜王戦の挑戦者決定戦第3局と同型に進んだが、豊島は4六角(49手目)と手を変え、さらに6五歩(59手目)と打ったところで木村が長考。そのまま昼食休憩に入った。

 塚田九段は「豊島王位が7七同玉(57手目)と取ったのが工夫の一手で、6筋からの反撃は研究手順だろう。木村九段は対応を迫られている」と話した。

 持ち時間は各8時間。初日は午後6時で指し掛け、手番が封じる。2日目の26日は午前9時に再開、夜までに勝敗が決まる見通し。対局の模様は西日本新聞ホームページでも紹介する。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ