【動画あり】動物たちの“もぐもぐタイム”肉薄 移転50周年 熊本市動植物園

西日本新聞 もっと九州面

 動物たちのかわいいしぐさを目の前で撮りたい-。そんなわがままを、熊本市動植物園(同市東区)がかなえてくれた。爽やかな秋風が心地よい平日の昼ごはん時、小型の特殊カメラを手に“もぐもぐタイム”を狙っておじゃました。

 カシの葉やキャベツを手にした飼育員を見つけると、「待ってました」とばかりに近寄って、おいしそうにごはんを頬張る動物たち。来園した子どもたちが「かわいい!」と歓声を上げると、振り向いてユーモラスな表情を浮かべていた。「動物との距離が近く、名前を呼ぶと応じてくれる子(動物)たちが多いんですよ」。案内役の飼育員北川勇夫さん(40)が教えてくれた。

【写真特集】熊本市動植物園“もぐもぐタイム”

 同園は1929年7月に市内の水前寺地区に開園。69年に市民のオアシス・江津湖のほとりに移転した。ライオンやホッキョクグマ、カンガルーなどに加え、中国の希少なサル「キンシコウ」を国内で唯一、飼育している。現在は移転50周年記念で人気アニメ「けものフレンズ」とのコラボ企画を実施中だ。(宮下雅太郎)

 

熊本市動植物園

 熊本市東区健軍5丁目。現在の展示数は130種700頭。植物コーナーに加え、観覧車やメリーゴーラウンドなどのアトラクションも併設。2016年4月の熊本地震で被災し、18年12月に2年8カ月ぶりに全面開園した。20年1月まで移転50周年記念の多彩な催しを行っている。入園料は高校生以上300円、小中学生100円。同園=096(368)4416。

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ