九電が世界最大級レタス工場 福岡・豊前市に計画、22年度出荷へ 

西日本新聞 井崎 圭

 九州電力は25日、世界最大規模のレタス工場を建設する計画を発表した。建設地は福岡県豊前市の豊前発電所遊休地を想定しており、正式に決まれば2021年度中に建設を終え、22年度から出荷する。1日当たり5トンの無農薬レタスを生産して年間10億円の販売を目指す。

 九電によると、工場の広さは約1万2千平方メートル。密閉空間の中で発光ダイオード(LED)の人工光を使い、水耕栽培でレタスを育てる。種まきや苗の植え替えなど栽培は自動化を図る。摘み取りや配送で80人規模の雇用を見込んでいる。

 大規模なレタス工場の稼働により、新たな収益源を確保するとともに電力の新規需要の創出も図る。工場の稼働時間を制御することで、電力の需給調整に活用できないかも検討する。

 来年3月までに建築コストなどを踏まえて事業化を最終決定する。建設と施設の維持管理はグループ会社の九電工(福岡市)が担当する。九電、九電工は工場設備をリースする「東京センチュリー」(東京)、植物工場のノウハウを提供する農業ベンチャー「スプレッド」(京都市)と生産、販売を手掛ける新会社を設立する予定。

 九電によると、現在国内で稼働中の植物工場は日産3トンが最大。世界では日産6トン(計画段階)の工場があるという。(井崎圭)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ