【動画あり】秋の夜照らす千灯明 福岡・太宰府天満宮

西日本新聞 南里 義則

 福岡県太宰府市の太宰府天満宮(西高辻信宏宮司)で25日夜、境内の心字池(しんじいけ)に架かる太鼓橋などにろうそく約千本をともす「千灯明」があった。水上に特設された舞台では、みこたちが雅楽の調べに合わせ、ゆったりと舞う神楽「悠久の舞」などを披露した。

 祭神・菅原道真公をしのび、五穀豊穣(ほうじょう)に感謝する平安時代から続く「神幸式(じんこうしき)」の最後を飾る行事。午後8時すぎ、境内の照明が落とされると暗闇に灯明が浮かび上がった。橋の上や水面に映った明かりの中でみこが舞い、幽玄な雰囲気で参拝客を魅了した。

 千灯明に合わせ、同天満宮周辺の九州国立博物館や門前町一帯、西鉄五条駅前広場などでも灯明を並べ、光でまちを包む「古都の光」弐(に)の日が催された。(南里義則)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ