勾留102日「家族に会いたくて”自白”」爪ケア無罪事件の上田さん ”人質司法”の是非は…弁護士会が考えるシンポ

西日本新聞

 逮捕や起訴の勾留で長期間身柄を拘束する、いわゆる「人質司法」について考えるシンポジウムが14日、福岡市の県弁護士会館であった。北九州市の病院で認知症患者の爪切りケアをめぐり傷害罪に問われ無罪が確定した上田里美さん(53)は「102日間も勾留され、時間の感覚がなくなった。早く家族に会いたいとの思いから、取調官の意に沿うような供述をした」と当時を振り返った。逮捕当初から上田さんの弁護を担当した東敦子弁護士は「身体拘束がなければ、上田さんの自供はなかったと思う。捜査当局による身柄の拘束は人格を変える恐れもあり、慎重に判断されるべきだ」と訴えた。シンポジウムでの発言を詳報する。

  事件の特徴として挙げられるのが、爪を切った後の同じ写真を見て、感想が大きく分かれる点です。警察や報道機関は「必要以上に切りすぎている、こんなことをしたら痛いに違いない」として虐待としましたが、爪ケアの専門家は全員が「とてもきれいに切れている。上手ね」と答えました。切る前の爪は、黒く鳥のくちばしのように伸びて、靴下などに引っかかりそうな危険な状態でした。上田さん、逮捕されるまでの状況はどうでしたか。


 上田 最初は看護部長から「騒ぎが落ち着くまで自宅で休んで」というような説明を受けました。病院の記者会見は自分の知らないうちに行われ“虐待”とされ、数日後、自宅に警察が来て(傷害容疑で)逮捕されました。警察官から「今日からあなたを番号で呼びます」と言われ、私に人権はなく、物扱いされるのだと感じました。

  私は上田さんの逮捕の翌日、弁護士事務所に行ったら当番弁護士の連絡が来ていました。「危ないから切ったんです」と涙ぐむ上田さんの様子は、報道されている“悪魔の看護師”とは全然違うと感じました。上田さんは初対面の私たち弁護士をどう思いましたか。

 上田 全く記憶にないです。男性だったか女性だったかも覚えていません。裁判所では「接見禁止(=刑事事件で容疑者が身柄を拘束されている際、家族など外部の人と会うのを禁止されること。弁護士は除外される)」と言われたことだけ記憶に残っています。

  裁判所での最初の勾留質問(=逮捕後に身柄を拘束して取り調べをするか、釈放するかどうかを決めるための手続き)はどうでしたか。

 上田 この時は、検察官と裁判官の違いさえ分かりませんでした。裁判官の質問は画一的で、まるで機械のアナウンスが流れているように感じました

  102日間という長い間身柄を拘束されたわけですが、連日の取り調べの間、時間の感覚はどうでしたか。

 上田 拘置所の中には、時計もカレンダーもありませんでした。ただ、警察署の近くに小学校があって、そのチャイムで給食や昼休みという時間の流れを感じていました。取り調べ中は時間の感覚がなくなり、調べを受けたのが30分か2時間かも分からなかった。5分や10分の感覚さえ失いました。

  上田さんは逮捕当初は「これはケアです」と一生懸命説明してくれましたね。それに対する捜査官の反応はどうでしたか。

 上田 当時は爪ケアの文献が少なく、刑事にはいくらケアだと説明しても聞く耳を持ってもらえませんでした。もう刑事さんのしたいようにすればいいやと思い、(虐待を認めた自白の)調書ができあがりました。

  刑事が求めることを話すと、上田さんにとってだんだん何が楽になりましたか。

 上田 早く終わるんですよ、取り調べの時間が。なので、一日も早くこの狭い密室から解放されたい思いが一番になっていきました。刑務所に入ってもいいから、1日でも早く外に出て自由になりたいと思いました。弁護士にも失礼ながら「邪魔しないで。早く楽になりたいから」と言いました。

  私としては上田さんが(虚偽の自白に)変わっており、焦りました。「面会したくないので帰ってください」とも言われたこともありましたね。

 上田 当時は冷静なつもりで、取り調べで(虚偽の自白を)話していた。自分自身にも分からない闇というか、拘束された時に忍び寄るものなんだろうなと、今となっては考えています。

  シンポジウムでは、韓国の身柄拘束について紹介がありました。韓国では日本の勾留質問と同じように、逮捕後に身柄を拘束するか裁判官が対面で判断していますが、質問は家族や仕事のことなど身体拘束が必要か決めるために具体的な内容で、勾留却下数は20%前後と日本(3・8%)よりはるかに「身体拘束は慎重に行われるべき」との考えが浸透してきているそうです。どう感じましたか。

 上田 どうして日本では「身体拘束を慎重にすべき」との考えが浸透しないのか。身柄を拘束するか決める勾留質問の際に、せめて弁護士が近くにいてくれたらと、常々感じています。人質司法にならないような法整備を求めます。

■   ■   ■   ■

PR

PR

注目のテーマ