陸自ヘリ墜落原因特定至らず 防衛省、佐賀県に調査結果伝達

西日本新聞 北島 剛 湯之前 八州

 佐賀県神埼市で昨年2月に目達原駐屯地(同県吉野ケ里町)所属のAH64D戦闘ヘリコプターが住宅に墜落、炎上して女児が軽傷を負い、乗員2人が死亡した事故で、陸上自衛隊は27日、調査結果を公表した。昨年の中間報告で墜落の理由としていた、エンジン出力を主回転翼に伝える部品のボルト破断に関し、さび止め剤の劣化など二つの可能性を原因として併記。点検は定められた通りになされており、整備や操縦のミスはなかったと断定した。

 陸自は、目達原駐屯地などに配備されている同型機の飛行について、非破壊検査による点検など再発防止策を徹底した後に再開を目指す。時期は未定。

 調査結果によると、破断したボルトは本来、穴に差し込まれたピンと一体で回転するが、事故機のピンはさび止め剤の劣化で固着して回らず、ボルトとの間で摩擦が生じて破断が起きたと推定した。さび止め剤は部品の保管中に劣化したことが考えられるとした一方、取り付け前からボルトに亀裂があった可能性も排除しなかった。

 山本朋広防衛副大臣はこの日、佐賀県庁で山口祥義知事に調査結果を伝え、あらためて謝罪した。山口知事は「事故に地域住民は衝撃を受けた。念には念を入れて再発防止を徹底してほしい」と求めた。(湯之前八州、北島剛)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ