ケガから復帰、苦しい時間は「準備期間」 ピアノアルバムで「新境地」 HKT森保まどかに聞く

西日本スポーツ

来年1月のピアノソロアルバム発売へ意気込むHKT48の森保まどか 拡大

来年1月のピアノソロアルバム発売へ意気込むHKT48の森保まどか

 右膝のケガから復帰、9月15日に約10カ月ぶりに劇場公演にフル出演、28日のコンサートでは地元長崎に3年ぶりに凱旋(がいせん)したHKT48の森保まどか。仲間やファンに支えられ、完全復帰への階段を上る22歳、故郷のステージに上がる直前に心境を聞いた。(聞き手は古川泰裕)

 -3度目の地元公演。

 「もう3年前なので、新鮮な、新しい気持ちですね。会場とかは変わっていないし、街並みも変わっていないけど、また新たな気持ちです。前日に急きょ地元のラジオに出演したんですけど、すぐにファンの方がメッセージを送ってくれたり、コメントをくれたりして、心強かったです」

 -15日に劇場公演にフル出演した。

 「それまでもツアーのステージとかコンサートとか、出られる曲は出ていたんですけど、やっぱり劇場のステージは違った。少し怖いかなぁとか、緊張もあったんですけど、ファンの方とか周りのメンバーに支えてもらって、無事終えることができました」

 -ツアーでも出られる曲が増えた。

 「うれしいです。復帰公演を終えての(地元凱旋の)タイミングだったので。もやもやもなく臨めるかなって感じです」

 -生誕祭も楽しみにしているのでは。

 「早くやりたいですね。夏生まれなのに、もう秋になっちゃったから(笑)」

 -ピアノソロアルバムの発売日がいよいよ決まった。

 「やっと言えます。発表はもう4年前ですよね。こうやって地元のファンの前で発表できるのもうれしいですね」

 -内容はどんな感じ?

 「皆さんが想像している雰囲気じゃないかもです。意外な感じかも。ふふふ(笑)。まだレコーディング中なので、もうちょっと楽しみに待ってもらって、という感じです」

 -レコーディングの調子はどうですか?

 「福岡で練習して、前日に東京に入って練習して、次の日レコーディングっていう感じの繰り返し。曲によっては苦戦するものとかもあって。新たなことに挑戦しているので、新境地って感じです」

 -総合プロデュースの松任谷正隆さんとはどんな感じですか?

 「本当に私の意思も尊重してくれるんです。気さくに話しかけてくださって、すごくラフな感じで。私の方がちょっと気後れというか緊張しちゃっているから、もっと自然体でやりとりできるようになりたいなと思っています」

PR

PR

注目のテーマ