高齢者いきいき踊ろう 10月14日ダンス甲子園 飯塚市の嘉穂劇場

西日本新聞 筑豊版

 65歳以上の高齢者がダンスを競う「介護なき讃会(たたかい)2019 第6回シルバー青春ダンス甲子園」が10月14日午後1時半から、飯塚市の嘉穂劇場で開かれる。プロデューサーの熊本伴さん(50)は「高齢者であると忘れるくらい激しいダンスもある。百聞は一見にしかずです」と話している。

 ダンスを通じて健康な体や生きがい作りにつなげてもらおうと、美容師などでつくる筑豊キラメキ実行委員会が主催。今回はソロ・ペア・トリオ部門に8組11人、チーム部門に6組47人が参加する。筑豊地区のほか、佐賀県や熊本県など県外からの参加も目立つ。

 参加者の最高齢は81歳で、フラダンスやジャズ、ラテンなど、ジャンルは多岐にわたる。プロのダンサー3人がリズム感覚などのほか、生き生きとしているかどうかを示す「キラメキ度」も基準に審査する。

 入場料は1000円。実行委=080(2733)7970。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ