【動画あり】さよなら「スーパードルフィン」 ファン感謝祭に60人、福岡空港

西日本新聞 夕刊

 来年春に運航を終える全日空のボーイング737-500型機「スーパードルフィン」のファン感謝祭が28日、福岡空港(福岡市博多区)であり、応募で選ばれた約60人が参加した。

【写真特集】来年春に運航を終える「スーパードルフィン」

 1995年に就航した同機は、エンジンにイルカの絵が描かれていることなどからスーパードルフィンの愛称で親しまれてきた。一時は25機を運用したが、機体の老朽化が進み、現在は4機に減っている。

 感謝祭では、スーパードルフィンが空港内をゆっくりと移動。参加者は操縦士や整備士から機体の思い出を聞いた後、操縦席などを見学。エンジンの吸気口に座っての記念撮影もあり、普段では味わえない体験を楽しんだ。 (古瀬哲裕)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ