【ポイソ!釜山】数々の映画製作「順天ドラマ撮影所」 半世紀前にタイムスリップ

西日本新聞 国際面

 半世紀前の韓国にタイムスリップできる場所があると聞き、釜山市から西に約150キロ離れた順天市に向かった。高速バスと路線バスを乗り継ぐこと約3時間。数々の映画やドラマを生み出した「順天ドラマ撮影所」に到着した。

 撮影所は約4ヘクタールの敷地に180棟以上の建物が建つオープンセット。1960年代の順天市を再現した一角は川辺に木造家屋が密集し、丘の斜面には70年代のソウルのスラム街が広がる。映画館やディスコが並ぶのは80年代のソウルの下町だ。ソン・ジュンギさん主演の恋愛映画「私のオオカミ少年」(2012年)や人気テレビドラマ「製パン王キム・タック」(10年)などが撮影された。

 制服や学生帽などの貸し出しもあり、来場者は映画の登場人物のように記念写真や動画の撮影を楽しんでいた。入場料は大人3千ウォン(約270円)など。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ