【動画あり】漁船団 勇壮に海上神幸 福岡県・宗像大社でみあれ祭

西日本新聞

 宗像大社(福岡県宗像市)の秋季大祭が1日、漁船団の海上神幸「みあれ祭」で幕を開けた。大漁旗を掲げた約150隻が御座船2隻に従い、勢いよく波を立てて玄界灘を進んだ。

 みあれ祭は世界文化遺産「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」を構成する沖ノ島(沖津宮)と大島(中津宮)に鎮座する神を本土(辺津宮)に迎える神事。中世に始まったといわれる。午前9時半、沖津宮と中津宮のみこしを乗せた御座船2隻が大島港を出発。色鮮やかな大漁旗をなびかせた宗像七浦の漁船団が約1時間かけ、神湊港に向かった。

 沿岸には大勢の人が詰め掛け、大迫力の海上絵巻に見入っていた。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ