TKUが加藤清正のドラマ 27日放送「土木の神様」の姿描く

西日本新聞 熊本版 古川 努

 テレビ熊本(TKU)は、熊本市中央区の熊本城に隣接する観光施設「桜の馬場城彩苑」で、毎年恒例のドキュメンタリードラマ・郷土の偉人シリーズ第27作「加藤清正~土木の神様 民とともに~」の制作発表を行った。清正役の俳優石黒賢さんは「臣下を大事にし、民と目線を同じくした清正。ぜひご覧ください」と述べた。

 戦国時代を代表する武将から、熊本藩52万石の初代藩主となった加藤清正。ドラマでは、熊本城の築城とともに、洪水や干ばつの解消に向けて「暴れ川」とも呼ばれた白川の治水工事に力を注いだ「土木の神様」としての側面にもスポットを当てる。流域の熊本市や菊陽町、大津町などで撮影した。

 石黒さんは9月26日の会見で、菊陽町の地元小学生から、水の流れを生かして阿蘇山の灰や土砂の堆積を避ける工夫がなされた「鼻ぐり井手」の説明を受け、「清正を演じるための手掛かりをもらった」と笑顔。3年半前の熊本地震にも触れ、「忘れてはいけない。少しでも(復興の)お手伝いができるよう、演じたい」と語った。

 ドラマは27日午後4時5分~同5時20分、TKUなど九州7県のフジテレビ系列局で放送する。(古川努)

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ