福岡市役所別館を再開発 天神ビッグバン、民間活用

西日本新聞 一面 坂本 公司

 福岡市・天神にある福岡市役所北別館が2021年12月以降に閉鎖され、民間事業者によって再開発される見通しとなった。建物の高さ制限や容積率を緩和する「天神ビッグバン」の中心地にあり、高さ86メートル程度までの高層ビルが建設可能になっている。事業者は公募で選定するとみられ、都心の一等地の行方に注目が集まりそうだ。

 北別館は市役所本庁舎の北隣にあり、9階建て。敷地面積は約1500平方メートル。市港湾空港局や財政局の一部のほか、市の関連団体が入居している。関係者によると、築43年が経過して老朽化しているため、市は入居している部署や団体を21年12月完成予定の博多区役所新庁舎や本庁舎に移転する方針。跡地については、民間に売却か貸与する。

 北別館の周辺では、天神ビッグバンを活用した再開発の動きが活発化しており、北側の隣接地では地場デベロッパー大手の福岡地所が19階建ての大型オフィスビル「天神ビジネスセンター」を建設中。西隣には同社所有でジュンク堂書店などが入る「天神MMTビル」があり、再開発が検討されている。 (坂本公司)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ