特産「竹崎カニ」供養 太良町で旅館経営者ら

西日本新聞 佐賀版 河野 潤一郎

 太良町特産のワタリガニ「竹崎カニ」をはじめとする有明海の恵みに感謝する「かに供養」が2日、同町大浦竹崎地区の竹崎観世音寺で営まれた。供えられたカニを前に住職らが読経し、旅館やホテルの経営者、永淵孝幸町長ら約25人が焼香して豊漁を祈った。

 供養は竹崎カニを提供する地元宿泊施設で構成する町竹崎かに旅館組合(荒川信康組合長)が毎年主催。仏事の後、参加者は近くの港から漁船に乗り込み、有明海の2カ所でカニ約150匹を放流した。

 町観光協会の坂口真吾会長は「竹崎カニは4年連続で豊漁。10月いっぱいは雄のカニが甘みがあって身も詰まっているのでお勧めです」と話した。(河野潤一郎)

佐賀県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ