鶴屋でウェールズフェア 13日に試合 特産品ずらり

西日本新聞 熊本版 長田 健吾

ウェールズフェアの会場には、ラグビーW杯の代表ユニホームも 拡大

ウェールズフェアの会場には、ラグビーW杯の代表ユニホームも

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会を盛り上げようと、熊本市中央区の鶴屋百貨店本館6階のイベントスペースで2日、熊本で試合を行うウェールズの特産品を販売する「ウェールズフェア」が始まった。8日まで。

 ウェールズはグレートブリテン島の南西に位置し、羊の放牧など酪農が盛んな国。同国代表は13日、県民総合運動公園えがお健康スタジアム(同市東区)でウルグアイ代表と対戦する。

 フェアでは、チーズやラム肉、ウイスキーなど特産の7品目が、代表ユニホームが飾られた会場にずらり。特にラム肉は今年から日本への輸入が解禁され、やわらかく臭みがないのが特徴で世界でも高く評価されているという。鶴屋の担当者は「日本では普段買えないような珍しい商品を集めた。この機会に手にとってほしい」と話した。(長田健吾)

熊本県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ