ラーメン店主、豚の供養祭 「とんこつの日」久留米・水天宮で

西日本新聞 筑後版 萱島 佐和子

 豚骨ラーメンのスープなどに使用した豚に感謝する「豚供養祭」が2日、久留米市瀬下町の水天宮で開かれた。「とん(10)こつ(2)ラーメンの日」に合わせて市内のラーメン店主らでつくる「久留米・ラーメン会」が主催し、2015年から続けている。

 今回は九州各県から15店の店主らが参加。各店が使っているどんぶりを祭壇に並べ、全国に誇るグルメの礎となった豚に謝意を表すとともに、ラーメン文化の発展を祈願した。

 大砲ラーメンの香月均史社長は「豚のおかげで久留米に豚骨ラーメンが生まれて根付いた。知名度を上げ、発祥の地を次は『ラーメンの聖地』にしたい」と話した。 (萱島佐和子)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ