商店街「お試し出店」を 連合会 5日に案内ツアー 若松区東部

西日本新聞 北九州版 米村 勇飛

 空き店舗が目立つ商店街での新規出店につなげようと、若松区東部の6商店街でつくる「若松商店街連合会」は、15日~11月30日に空き店舗を無料で貸し出す「お試し出店」を行う。お試し出店に先立ち、5日には出店希望者向けの「商店街ツアー」を実施する。

 ツアーでは、同区東部の商店街にある空き店舗やその周辺を、商店主らの説明を聞きながら見て回る。賃借料の相場のほか、昨年12月の若戸大橋無料化後の状況や街の雰囲気などの説明もある。

 同区東部の商店街では、現在約120店舗が営業しており、約20年前と比べると充足率は4割ほど。同連合会の牛島源副会長(38)は「新規出店に興味がある人はぜひ参加してもらって、少しでも街の雰囲気を感じてもらいたい」と話す。

 ツアーは11月16日にも実施する。問い合わせは北九州商工会議所若松サービスセンター=093(761)2021。または、連合会事務所=093(751)0329。 (米村勇飛)

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ