日本EEZにミサイル 隠岐諸島沖 中距離、潜水艦型か 北朝鮮

西日本新聞 一面 川口 安子 池田 郷 田中 伸幸

 北朝鮮は2日午前7時10分ごろ、東海岸付近から弾道ミサイルを発射した。日本政府によるとミサイルは同27分ごろ、島根県・隠岐諸島沖約350キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したとみられる。韓国軍は、発射されたのは潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の「北極星」系列とみている。

 日本のEEZ内への落下が確認されれば2017年11月以来。SLBMなら16年8月以来、約3年ぶりの発射となる。北極星系列の射程は日本に届く中距離弾道ミサイルに相当するとされる。北朝鮮は非核化を巡る米国との実務者協議を5日に再開する予定で、協議の一方でミサイル発射を続け日米韓の連携を揺さぶる狙いとみられる。

 日本政府は2日、弾道ミサイル発射は国連安全保障理事会決議違反として北朝鮮に厳重抗議した。一方、米メディアによると、国務省報道官は同日「挑発行為を避け、非核化に向けた交渉を続けるよう求める」と安保理決議順守を求めたものの、強い非難は避けた。

 韓国軍によると、ミサイルは飛距離約450キロ、最高高度約910キロ。通常より高い角度で打ち上げる「ロフテッド軌道」で発射されたとみられる。韓国軍は北極星系列の射程を1300キロ程度とするが、2千~3千キロとの指摘もある。

 SLBMは事前に発射の兆候をつかむのが困難とされる。北朝鮮は7月、新型とみられる潜水艦を公表。韓国国防省は同月、この潜水艦についてSLBMを3発程度搭載できるとの分析を国会に報告していた。

 ミサイル発射を受け、日本の海上保安庁は2日、船舶に注意を呼び掛ける航行警報を出した。被害情報は入っていない。日本政府は当初、2発発射されたと説明したが、後に1発が二つに分離して落下した可能性があると修正した。

 一方、韓国は2日、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)に基づき、日本に情報共有を求めた。韓国は8月に同協定の破棄を決めたが、協定は11月22日まで有効。 (池田郷=ソウル、田中伸幸=ワシントン、川口安子)

PR

PR

注目のテーマ