佐賀県警警部補を盗撮容疑で処分 熊本県警が書類送検

西日本新聞 社会面 穴井 友梨

 佐賀県警は4日、県内署の地域課に勤務していた30代男性警部補が熊本県の高速道サービスエリア(SA)内などで盗撮したとして、同県迷惑行為等防止条例違反の疑いで熊本地検に書類送検されたことを明らかにした。同日付で佐賀県警は警部補を減給6カ月(10分の1)の懲戒処分とし、警部補は依願退職した。

 県警監察課によると、警部補は8月11日夜、SAの店舗で20代女性のスカート内を携帯電話で盗撮した疑いがあるという。熊本県警が任意で捜査し、7月25日に佐賀市の大型商業施設で、同31日には同市の図書館でもそれぞれ女性のスカート内を盗撮したとして、計3件について10月4日付で書類送検した。

 警部補は容疑を認めており、佐賀県警に対し「盗撮のサイトを見て興味があった。2年半ほど前から50回くらいやった」などと話したという。 (穴井友梨)

佐賀県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ