『月と太陽の盤 碁盤師・吉井利仙の事件簿』 宮内悠介 著  (光文社文庫・704円)

西日本新聞 くらし面

『月と太陽の盤 碁盤師・吉井利仙の事件簿』 宮内悠介 著 (光文社文庫・704円) 拡大

『月と太陽の盤 碁盤師・吉井利仙の事件簿』 宮内悠介 著 (光文社文庫・704円)

 囲碁を題材にした連作ミステリー短編集。表題作はタイトル戦会場に宿泊していたタイトルホルダーの棋士の転落死を描く。挑戦者が疑われるが、過去の殺人事件に結び付く。碁盤の材料を求めて山中に入った男が刀を手にした女と出会う「青葉の盤」なども収録。

PR

PR

注目のテーマ