「待ってた」熊本城に長蛇の列 「姿とても美しい」 「次は天守閣に」

西日本新聞 熊本版 古川 努

特別公開ルートには長い行列ができた 拡大

特別公開ルートには長い行列ができた

外観の修復をほぼ終えた大天守。その横では小天守の工事が急ピッチで進む サプライズ登場し、式典であいさつする俳優の佐藤健さん 特別公開の入場口となる二の丸広場で開門前に気勢を上げる「熊本城おもてなし武将隊」と関係者

 待ちに待った熊本城(熊本市)の特別公開が5日始まった。二の丸広場には朝から入場待ちの列ができ、式典やイベントでお祭りムードに包まれた。ラグビーのワールドカップ(W杯)の熊本開催を6日に控え、海外旅行者の姿も目立った。

 午前9時。既に、入場券の販売開始を待つ数十人の行列ができていた。先頭は熊本市中央区の会社員、木村円さん(58)。午前5時に一番乗りし「熊本城の魅力は石垣。ゆっくり見てみたい」と話した。

 ステージでは県立第一高の白梅太鼓部がパフォーマンス。熊本地震からの復旧の歩みをまとめた映像も上映された。熊本少年少女合唱団とNHK熊本児童合唱団の澄んだ歌声が、歴史の一ページに花を添えた。市策定の新スローガン「500年、城と生きる町へ。くまもと」のテレビCMでナレーションを担当した俳優佐藤健さんのサプライズ登場も会場を沸かせた。

 午後1時、熊本城おもてなし武将隊の合図で開門。家族と訪れた熊本市北区の上丸仁大君(9)は「お城、格好良かった。次は天守閣に上りたい」とうれしそう。W杯観戦で熊本入りしたフランス人、ジョン・チャールズさん(36)は「とても美しい。でも、少し悲しい姿だね」と復興の歩みを続ける天守閣を見上げた。(古川努)

熊本県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ