【動画あり】北九州で東京ガールズコレクション モデル躍動、観客うっとり 地元学生作った衣装も披露

西日本新聞 北九州版 浜口 妙華 白波 宏野 米村 勇飛

フィナーレで観客の大声援を受けるモデルの新川優愛さん(左)や中条あやみさん(同3人目)ら(撮影・米村勇飛) 拡大

フィナーレで観客の大声援を受けるモデルの新川優愛さん(左)や中条あやみさん(同3人目)ら(撮影・米村勇飛)

東筑紫短大の学生が手掛けた衣装を着てランウエーを歩くモデルの新木優子さん(手前)たち 大歓声を受けた人気モデルの中条あやみさん 小倉祇園太鼓が鳴り響く中、ランウエーでは着物の披露も 手作りのデザートをモデルに手渡す西南女学院大の学生

 国内最大級のファッションイベント「東京ガールズコレクション(TGC)KITAKYUSHU2019」が5日、小倉北区の西日本総合展示場新館であった。人気モデルたち約90人がランウエーを歩きながら多彩な衣装を披露、延べ1万2800人の観客を魅了した。

 洋服ブランドを身にまとったモデルの桐谷美玲さんや新川優愛さん、中条あやみさんらが、音楽と照明に合わせてランウエーで躍動。東筑紫短大(小倉北区)美容ファッションビジネス学科の学生が制作した衣装や、久留米絣(がすり)と小倉織といった伝統工芸品を若者向けの洋服やアクセサリーにデザインした衣装も次々と披露された。観客席に駆け付けた門司区の会社員福田稚子さん(23)は「普段テレビで見ている人たちが、目の前で輝いていた。私もランウエーを歩いてみたい」と興奮気味。小倉織のアクセサリーを手掛けた「Itohen.M」(イトヘンエム、戸畑区)の綿瀬麻意子代表(47)は「若い人が伝統的な織物の魅力を感じてくれたらうれしい」とステージを見守った。

 会場には、北九州市立大(小倉南区)の学生が企画と運営に参加したヘアアクセサリーのワークショップコーナーや、ハンドマッサージの体験ができる福岡ビューティーアート専門学校(福岡市博多区)の特設ブースなども開設され、来場者でにぎわった。

 舞台裏では西南女学院大(小倉北区)栄養学科の学生9人が活躍。「美と健康」をテーマに県産の食材を使って手作りしたデザート6種類を会場に運び込み、モデルらに提供した。4年の是沢怜佳さん(22)は「素材の味を生かすのに苦労したが、おいしいと言ってくれて本当にうれしい」と笑顔を見せた。

 同イベントは九州では北九州と熊本で開催されており北九州では5年連続。(白波宏野、米村勇飛、浜口妙華)

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ