3連勝、九州喜び爆発 福岡父「堅樹は世界一の幸せ者です」

西日本新聞 社会面 今井 知可子 木村 知寛

試合終了間際、松島選手のトライに喜びを爆発させるファン=5日夜、福岡市博多区のJR博多駅前広場(撮影・佐藤雄太朗) 拡大

試合終了間際、松島選手のトライに喜びを爆発させるファン=5日夜、福岡市博多区のJR博多駅前広場(撮影・佐藤雄太朗)

福岡堅樹選手が途中出場し、手をたたいて声援を送る父の綱二郎さん(前列中央)=5日午後8時50分ごろ、福岡県古賀市(撮影・帖地洸平)

 ラグビーのワールドカップ(W杯)で日本がサモアを破った5日、九州でも各地でパブリックビューイング(PV)があり、多くのファンが3連勝を果たした選手たちに熱い声援を送った。

 福岡堅樹選手の出身地、福岡県古賀市。僅差で迎えた試合終盤、福岡選手が勝利をたぐり寄せるトライを決めると、PV会場に詰め掛けた300人超の観衆は「やったー」と抱き合って喜びを爆発させた。

 福岡選手の父、綱二郎さん(61)は「最高の応援をしてもらってトライが取れて、堅樹は世界一の幸せ者です」と満面の笑み。「バンザーイ」と自ら音頭を取り始め、会場全体が万歳の波で揺れた。

 大勢の人で埋め尽くされたJR博多駅前広場(福岡市)の大型ビジョン前も、試合開始前から「ニッポン」コールが沸き起こる熱狂ぶり。昨季までコカ・コーラ(同市)でプレーしたラファエレ・ティモシー選手のトライに、地鳴りのような歓声が上がった。北九州市小倉北区の会社員谷川信貴さん(49)は「福岡ゆかりの選手の活躍が頼もしい」と手をたたいて喜んだ。

 試合終了後、友人と観戦した山形県鶴岡市の会社員大利麟太郎さん(34)は「強いサモアから4トライを奪えたのは大きい。この先も強敵ばかりだが、ベスト8に向けて力強い応援で後押ししたい」とエールを送った。 (今井知可子、木村知寛)

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ