新型車両見学やカステラ販売 「鉄道の日」前の12日、長崎駅で催し

西日本新聞 長崎・佐世保版 岡部 由佳里

限定販売のカステラをPRするJR九州と和泉屋の社員 拡大

限定販売のカステラをPRするJR九州と和泉屋の社員

 JR九州長崎支社は12日午前10時から、鉄道の日(14日)にちなんだイベントを長崎駅前かもめ広場で開催する。参加無料。

 蓄電池を搭載したハイブリッド新型車両「YC1系」の車内見学、ディーゼルカーの運転台乗車、長崎駅のバックヤードツアーなどの体験型企画は人数制限があり、午前10時10分と午後0時半から配布する整理券が必要。

 架線作業車や高所作業車への体験乗車、JR九州の制服を着用した写真撮影、地元高校生によるステージイベントなどは自由に参加できる。

 オリジナルのカステラも50個限定販売する。来年の春に駅舎移転を控えているため、カステラに「ありがとう長崎駅、そしてここから。」の文字を刻み、きり箱に駅名標をデザインした。カステラ製造販売の和泉屋(雲仙市)の協力で1500円。

 JR九州の担当者は「新しい駅舎に移る前に多くの方に来てほしい」と話す。JR九州長崎支社=095(827)4050。

(岡部由佳里)

長崎県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ