自民党・二階派に入会した無所属の細野豪志衆院議員は

西日本新聞 社会面 小野 浩志

 自民党・二階派に入会した無所属の細野豪志衆院議員は、憲法改正派として知られる。そんな細野氏がかつて民主党幹事長時代、9条改正について問われ「9条は国民の『祈り』のようなものですから…」と語尾を濁したことがあった。言い得て妙だなと、感じ入ったことを覚えている。

 9月、安倍晋三首相はあらためて改憲への執念を語った。その真意とみられる、9条に自衛隊を加筆する考え方を穏健な改善とみるか、極端な改悪と捉えるかは人によって異なる。臨時国会では、国民投票法改正案など憲法を巡る議論の行方に注目したい。

 戦後日本に戦争がなかったのは、外に対しては在日米軍の抑止力と自衛隊の献身があり、内には国民に9条が宿っていたからだと思う。改憲は国民投票の過半数で成るルールだが、仮に「祈り」が改まる時は、国民の賛意が、国会発議の条件である3分の2を優に上回るような環境であってほしい。 (小野浩志)

PR

PR

注目のテーマ