虐待の“記憶”自立阻む 飢餓状態で保護された「愛」さん 里親の元で「再出発」

西日本新聞 一面社会面 坂本 信博 金子 渡

 母親と養父から虐待され、13歳で保護されたとき、身長128センチ、体重26キロの飢餓状態だった愛さん(22)=仮名。2016年3月30日付の本紙朝刊「子どもに明日を」で取り上げた彼女を覚えているだろうか。3年前の春、就職して里親である山本夫妻=同=の元を巣立った彼女は今、どうしているのか。その後を追った。

 高校卒業後、愛さんは福岡県北部にある食品会社に就職。同時に、親と暮らせない子どもたちを受け入れる山本夫妻のファミリーホームから、自転車で十数分のところにあるアパートに部屋を借りた。

 主な仕事内容はめんたいこの検品作業。上司から何度も手順を教えてもらったが、愛さんには全く理解できなかった。「ノートに書いて覚えようとしたが、駄目だった。何が分からないかも、分からなくなった」。同僚から取り残され、職場で次第に孤立していく。

 比例するように、私生活も荒れていった。仕事から帰宅後、当時付き合っていた彼氏とその友達が毎日のように部屋に来た。カラオケボックスに入り浸り、酒やたばこを覚えた。朝方まで遊び、寝不足のまま仕事に行く毎日だった。

 生活を変えようと職場の寮に移ったが、今度はストレスから食事が喉を通らなくなった。愛さんからのSOSを受け、寮を訪れた里親の山本直子さん(61)はやせた愛さんの姿を見て言った。「もう無理だね、帰ろうか」

 退職後すぐに入院した。感情が抑えられず周囲に怒りをぶちまけたり、突然泣き叫んだりと異常な行動が目立ったからだ。注意欠陥多動性障害(ADHD)と虐待による心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断され、精神障害者保健福祉手帳(2級)を受けた。

 20歳のとき、顎に異常なゆがみも見つかった。小学4年のとき、養父から椅子で顔面を殴られたのが原因とみられる。今は数年後の手術に向けて歯の治療を続けている。

 愛さんは言う。「まだ自立には早かった。社会は厳しいと思った」

実母と再会「居場所」模索

 福岡県内のA型作業所。愛さん(22)=仮名=は今年1月から、この作業所で働く。作業内容は車のヘッドレスト部分の清掃と給湯器の電池ケース製造など。週に5日働き、月給は6万円程度。障害のある男女約30人が在籍し、愛さんは最年少だ。「みんなからかわいがってもらっている。今は仕事が楽しい」と言う。

 「戻ってきたときは精神的に不安定だったが、今は以前のように元気になった」。ファミリーホームを運営する里親の山本直子さん(61)=仮名=は語る。

 2度の入院を経て、ホームに戻ってきた愛さんは次第に精神的に落ち着きを取り戻していった。昨年は職業訓練校に通い、介護士の資格も取得した。「顎の治療が終わるまではここにいるつもり。(ホームの)子どもたちにも『あと5年はいるよ』と話している」と笑顔を見せる。

 実の母親とは退職後に数回会った。きっかけは母からの電話だった。自宅にも1度泊まりに行った。「家に帰りたい」と泣きながら母に電話で訴えたこともあった。母の答えは「今まで稼いだお金をくれたらいいよ」。自分が帰る場所ではないと頭では分かっていても、産んでくれた母への思いは消えない。「それが親子というものでしょう」と直子さんは言う。

 直子さんには思ったことを何でも言う愛さんだが、母の前だと途端に黙ってしまう。「言いたいことを言ったら家に帰れなくなるかもしれない。何より、また暴力を振るわれそうで怖い」

 18歳を過ぎた愛さんは、児童福祉法に基づく保護措置が解除され、国から里親手当は支給されない。作業所の給料と障害年金から食費と治療費を負担するが、夫妻がボランティアで養っているのが現状だ。

 厚生労働省によると、里親への委託児童のうち、18歳以上は6・2%を占める。山本夫妻のホームにも、愛さんのほかに保護措置が解除された女性2人が暮らす。それでも、夫妻は「縁あって親子になった。居たいだけ居ればいい」と受け入れる。

 直子さんは「うちに来たときが0歳。愛が来て今年で10年だから今は10歳と思っている。あと10年で成人。私たち夫婦もいつまで健康か分からないけれど、元気な限り面倒をみようと思っています」と話している。(金子渡、坂本信博)

ご意見・情報をお寄せください

西日本新聞・社会部

メールアドレス:syakai@nishinippon.co.jp / ファックス:092(711)6246

PR

PR

注目のテーマ