【やさしい日本語】おおいた けん ひた し の「バス センター」が あたらしく なり べんり に なった

西日本新聞

あたらしく  なった  バス  センター 拡大

あたらしく なった バス センター

大分(おおいた) (けん)   日田(ひた) () の「日田(ひた)   バス  センター(bus center)」は、1984(ねん) に  できました。

(ふる) く  なったので、バスの  会社(かいしゃ) が  工事(こうじ) をして  (あたら) しくしました。

名前(なまえ) も「日田(ひた)   バス  ターミナル(bus terminal)」に  () えました。

これから、  日田(ひた) () は  観光(かんこう) に  () る  外国人(がいこくじん) が  () えそうです。

バスターミナルでは、どの  バスに  () ればいいか、英語(えいご) と  韓国(かんこく) () でも  () いてあります。

また、(とし) () った  (ひと) や  (からだ) に  障害(しょうがい) が  ある  (ひと) でも、トイレや  駐車場(ちゅうしゃじょう) が  使つかいやすく  なりました。


建物(たてもの) は、バスの  会社(かいしゃ) の  (いろ) と  (おな) じ  (くら) い  青色(あおいろ) です。建物(たてもの) (なか) は、  日田(ひた) の  () を  使(つか) っています。

バス会社(がいしゃ) の  (ひと) は「安心(あんしん) して  使(つか) える、気持(きも) ちの  () い  場所(ばしょ) にしたいです」と  (はな) しました。


(もと) の  記事(きじ) は  こちら

大分県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ