11、12日あんぱんパーク 黒崎駅前に18店集結

西日本新聞 北九州版 西山 忠宏

11、12日に開かれるあんぱんパークのちらし 拡大

11、12日に開かれるあんぱんパークのちらし

 JR黒崎駅前ペデストリアンデッキ(八幡西区)で11、12の両日、北九州市や山口県下関市などのパン店を中心に計18店が集まり、各店が自慢のあんパンなどを販売するイベント「あんぱんパーク」が開かれる。同デッキは、民間イベントに公道を開放する国家戦略特区に認定されており、特区事業の一つとして4回目の開催となる。

 地元の異業種団体「チームストーリー」主催。13のパン店とコーヒーなどを売る5店が出店。イベント限定パンの「きな粉とあんこを使ったクロワッサン」や「あんパンのおいしさを引き立てるために研究開発されたブレンドコーヒー」、カレーパン、あん入りチョコなどが並ぶ。

 チームストーリー代表の時松順さん(34)は「会場に並ぶのは各地の名店ばかり。さまざまな名品を短時間で買い求めることができます」とPRする。

 あんぱんパークの同デッキでの実施は、昨年5月が1回目。開催期間中に歩行者の通行量が通常の1・5倍になるとの調査結果もあり、市も「地域のにぎわいづくりに貢献する催し」と評価。韓国釜山市などで開いた実績もある。

 両日とも午前11時~午後5時。1日だけの参加店舗もある。売り切れ次第終了。 (西山忠宏)

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ