思春期病棟 心と向き合う 虐待や自傷 医師が福祉や地域と連携 福岡に開設 九州8ヵ所目

 虐待を受けたり、自傷行為や摂食障害があったりして、心の治療が必要な子どもが入院する精神科の「児童思春期病棟」が1日、福岡県で初めて久留米市に開設された。地域との連携が欠かせず「最低でも各県に1カ所は必要」とされるが、採算性などの問題から九州には佐賀、長崎、熊本、宮崎4県の7病院にしかなかった...

残り 1599文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR