【★どうが★やさしい日本語】JR きゅうしゅう の れっしゃ が じどう で はしる

西日本新聞

JRきゅうしゅう  の  れっしゃ 拡大

JRきゅうしゅう の れっしゃ

鉄道(てつどう) の  会社(かいしゃ) 「JR  九州(きゅうしゅう) 」が、自動で(じどう  )   走る(はし  )   列車(れっしゃ) の  実験(じっけん) を  (はじ) めます。

列車(れっしゃ) や  線路(せんろ) に  特別(とくべつ) な  機械(きかい) を  () きます。そして、(はや) くしたり、() まったり  できるようにします。

JRの  (ひと) が  列車(れっしゃ) に  () って、安全(あんぜん) を  (まも) る  仕事(しごと) をします。

(いま) 列車(れっしゃ) を  運転(うんてん) する「運転(うんてん) () 」は  () りません。都会(とかい) ではない  場所(ばしょ) では、お(きゃく) さんも  へっています。

この  列車(れっしゃ) は、運転(うんてん) () が  必要(ひつよう) ありません。これからも  鉄道(てつどう) を  (つづ) ける  (やく) () ちそうです。

JR  九州(きゅうしゅう) の  (ひと) は「安全(あんぜん) に  (はし) る  列車(れっしゃ) を  (つく) りたいです」と  (はな) しています。

実験(じっけん) が  うまく  いけば、来年(らいねん) の  (はる) から、お(きゃく) さんを  () せて  (はし) ります。


(もと) の  記事(きじ) は  こちら

PR

PR

注目のテーマ