【動画あり】アミメキリン、長野へ嫁入り 到津の森公園の「ミモ」

西日本新聞 北九州版 米村 勇飛

長野市の動物園へ出発したアミメキリンの「ミモ」(到津の森公園提供) 拡大

長野市の動物園へ出発したアミメキリンの「ミモ」(到津の森公園提供)

 到津の森公園(小倉北区上到津4丁目)のメスのアミメキリン「ミモ」が8日、お嫁入りのため、長野市の動物園に出発した。幅約1・7メートル、奥行き約4・5メートル、高さ約3・1メートルの巨大な箱に入ったまま、約18時間かけて陸路で移動する。

 ミモは2017年3月に園で誕生。現在は頭までの高さは約3・5メートル。母の「マリア」と一緒に行動することが多く、来園者から愛された。9月8日に展示を終えた後は、引っ越しに使う巨大な箱に入ったり、母親から離れて過ごしたりする訓練をしてきた。

 母親譲りの神経質な性格で、出発は約2時間遅れ。園集客広報係の川口広美さん(44)は「新天地でも愛される存在になってほしい」と話した。 (米村勇飛)

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ