健康情報にご用心!自分の持つ遺伝子次第で結果が変わってくる

西日本新聞

『シリーズ人体遺伝子健康長寿、容姿、才能まで秘密を解明!』 NHKスペシャル「人体」取材班 拡大

『シリーズ人体遺伝子健康長寿、容姿、才能まで秘密を解明!』 NHKスペシャル「人体」取材班

 95歳を超える長寿の人のライフスタイルを調べたところ、彼らの多くは、他の人と似たり寄ったりの生活、あるいは、かなり不健康とも言える生活を送っていた。
「まず、彼らの50%近くが肥満体でした。さらに、男性の60%、女性の30%には喫煙習慣がありました。運動についても、家事や散歩、自転車といった軽いものさえ50%未満の人しかしていませんでした」

これはアメリカにある医科大学の長寿遺伝子研究プロジェクトが調べた結果だ。我々が知っている常識と真逆と言っていい。健康のために必要なことと言うと、やせなさい、タバコは控えなさい、運動しなさい──が定番だった。この研究結果は、それらをすべて否定しているように見える。では、従来の医師のアドバイスは全部うそだったのだろうか。

実は、そうではない。この研究のプロジェクト名にもある「遺伝子」こそが問題なのだ。厳密に言うと、遺伝子を含む全DNA情報、すなわち、ゲノムが大きくかかわっている。

今や、テレビの世界は健康や医療に関する情報番組が花盛りで、特に近年、出演している医師が「エビデンス」と口にするのをやたら目にする。ところが、エビデンス(根拠となる論文やデータ)があるからといって、その通りになるとは限らない。

例えば、高血圧になると、まず言われるのが減塩食だが、一部の人々は減塩食に替えても血圧が上昇してしまう。「異常値を出した少数派の人たちにとって、大多数の人の健康状態を向上させるアドバイスは、何度試しても逆効果になりうる」のだ。

考えて欲しいのは、自分や家族がもし、こうした例外的な少数派だったら、ということだ。長寿や健康に限らず、人間はDNAのレベルから個性的で多様性を持っているということが明らかになりつつある。そして、こうした新しい常識を知っておかなければ、世の中の情報に振り回され、自分にとっては逆効果となるアドバイスに従っているということになりかねない。

本書は、NHKの番組を書籍化したもの。番組では紹介しきれなかった情報もプラスされており、一般人にも分かりやすく、遺伝子にまつわる最新の知見を教えてくれる。

 

出版社:講談社
書名:シリーズ人体 遺伝子 健康長寿、容姿、才能まで秘密を解明!
著者名:NHKスペシャル「人体」取材班
定価(税込):1,760円
税別価格:1,600円
リンク先:bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000324300

西日本新聞 読書案内編集部

PR

PR

注目のテーマ