1ヶ月半で−40kg!みそ汁一杯から始める、飽きないダイエットレシピ

西日本新聞

『ついた脂肪が即スッキリ! 医師が考案おかずみそ汁ダイエット』 工藤孝文 北嶋佳奈 著 拡大

『ついた脂肪が即スッキリ! 医師が考案おかずみそ汁ダイエット』 工藤孝文 北嶋佳奈 著

 「ヘルシーな食事」として海外でも人気を集めている日本食。そんな日本食の核となるのが、やはりみそ汁だろう。みそ汁には血糖値の上昇を抑える、腸内環境を整える、ストレスによる食べ過ぎ防止などの知られざる効果があり、美肌や乳がん予防にも役立つという。

 本書はそんなみそ汁のメニューを大胆にアレンジし、3つのルールにのっとって日々の食事に組み込むことでダイエットや健康増進に役立てようというレシピ集だ。

 3つのルールとは、まずみそ汁一杯に2分の1日分の野菜を入れること。野菜を煮ればカサが減って食べやすくなる上、汁に溶け出した栄養素を残らず摂ることができるという。次に具をたっぷり入れたみそ汁をフーフー冷ましながら、食事の最初に摂ること。温かいみそ汁をゆっくり食べることで、お腹が満たされドカ食いしなくて済むのだそう。3つ目は、一日一食はみそ汁を食べること。ダイエットを意識するなら夕食に摂って太りやすい夜間の食べ過ぎを防ぐのがおすすめだ。時間のない朝はレンジでチンするだけのみそ汁レシピでもOKという。人気インスタグラマーのMarty氏や著者の工藤孝文医師はみそ汁をおかずとして食べ続け、それぞれ40kg、25kgのダイエットに成功したそう。そこまで減量できたなら、人生まで変わってしまいそうだ。

 本書のスゴいところは、ダイエットレシピ本として「完璧なまでにかゆいところに手が届く」という点。前述したようなみそ汁の食べ方から始まり、そもそものみそ汁の作り方や目的ごとのレシピ集、野菜の保存の仕方まで至れり尽くせりの情報が収められている。みそ汁を作ったことがない人でも、本書さえあれば今日からおいしいみそ汁ダイエットが始められるというわけだ。

 また、みそ汁というと豆腐やわかめだけが入った素朴なメニューを思い浮かべがちだが、本書に掲載されているレシピは「もやしの担々風みそ汁」や「あさりのクラムチャウダー風みそ汁」、「ごろごろポトフ風みそ汁」など、「えっ、これがみそ汁!?」と思わず口走りたくなるほどバリエーション豊か。毎日作っても全く飽きないのだ。電子レンジで調理できるレシピまで載っているのも、忙しい人や家事の時間を極力削減したい筆者のような不精者にとっては非常にありがたい。

 是非、本書で日本人の知恵の結晶、みそ汁の底力を味わっていただきたい。

 

出版社:学研プラス
書名:ついた脂肪が即スッキリ! 医師が考案 おかずみそ汁ダイエット
著者名:工藤孝文 北嶋佳奈
定価(税込):1,320円
税別価格:1,200円
リンク先:https://hon.gakken.jp/book/2380100600

西日本新聞 読書案内編集部

PR

PR

注目のテーマ