チェロ20本、迫力の演奏 日田・大鶴地区で復興支援コンサート

西日本新聞 大分・日田玖珠版 笠原 和香子

住民を前に演奏する大分チェロ軍団 拡大

住民を前に演奏する大分チェロ軍団

 九州豪雨で被災した日田市大鶴地区の大鶴公民館で5日、チェロ奏者グループ「大分チェロ軍団」(白沢史子代表)による復興支援コンサートがあった。演奏体験もあり、訪れた住民ら126人はチェロに親しみ、上品な音色に感動していた。

 県内のプロとアマチュアの奏者約40人でつくる同グループは2000年の結成以降、被災地を中心に演奏活動を続けている。大鶴地区では20人がクラシックや唱歌、アニメソング約15曲を披露。20本のチェロによる演奏は、上品な音色の中にも重厚感、迫力が感じられ、演奏後には観客から大きな拍手が送られた。

 同グループからは公民館に寄付金も贈呈された。巨山宣幸館長は「すばらしい演奏にエネルギーをもらい、20歳くらい若返ったよう。感動をありがとう」と話した。(笠原和香子)

大分県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ