九十九島の景色楽しんで 13日、展海峰コスモスウォーク 佐世保市

西日本新聞 長崎・佐世保版 宮崎 省三

白やピンクの花を咲かせ始めた展海峰のコスモス=5日 拡大

白やピンクの花を咲かせ始めた展海峰のコスモス=5日

 九十九島や佐世保港の景色を眺めながら歩くイベント「第16回展海峰コスモスウォーク」が13日、佐世保市の俵ケ浦半島一帯で開かれる。発着点の展海峰(佐世保市下船越町)ではコスモスの花が咲き始めた。

 午前8時半に受け付けを始め、同10時スタート。コースは、旧日本軍の見張り台だった丸出山観測所跡で折り返す約10キロ。市道や農道を利用したトレイルコースで、舗装されているが、起伏がある。

 主催は俵ケ浦半島の自然環境や景観、歴史、文化を引き継ぐ活動をしている市民団体「チーム俵」。地元産品が当たる抽選会、手作りの総菜の販売などで参加者をもてなす。

 市によると、展海峰のコスモスは8、9月の台風や大雨の影響で例年よりも開花が遅れている。

 参加料300円。麓の九十九(つくも)地区公民館に特設駐車場を用意し、会場まで無料シャトルバスを運行する。問い合わせは「半島キッチン ツッテホッテ」=0956(28)3241。(宮崎省三)

長崎県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ