久留米絣でお宮詣で 「縁に恵まれますように」

西日本新聞 社会面

久留米絣のお宮詣着に身を包んだ若江信ノ助ちゃん(中央) 拡大

久留米絣のお宮詣着に身を包んだ若江信ノ助ちゃん(中央)

 福岡県久留米市発祥の国指定重要無形文化財、久留米絣(かすり)にくるまれ、同市東町の若江信ノ助ちゃんが9日、生後1カ月のお宮詣でに臨んだ。

 父武さん(42)と母皇絵(はなえ)さん(43)が、カジュアルな印象の絣を晴れ着や浴衣にも活用しようと取り組む同市の呉服店「蝶屋」に、仕立てを依頼した。同店によると「久留米絣のお宮詣で着は業界初」という。

 「良い人の縁に恵まれるようにと、ひし形が連続する模様を選んだ」と皇絵さん。信ノ助ちゃんが七五三を迎えた際に着せるのはもちろん、将来はシャツに仕立て直すことも可能。最初のご縁は一生付き合う伝統の技との出会いだった?

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ